銀行系カードローンは返済が楽だった

利息の違いは負担の違い

一般的に言って、銀行系カードローンは消費者金融系と比べて金利が低く設定されています。程度はカードローンごとに違いがありますが、中には10%近い差が出ることもあります。

例えば、100万円を金利10%で利用する場合と18%で利用する場合とでは、年間で8万円もの違いがあります。単純に8万円の返済が少なくなると言うだけではなく、その分の元金を早く減らすことが出来るので結果的には倍の16万円分の意味があります。

元金が減れば利息が減り、それによって更に元金を減らしやすくなると言う好循環が生まれます。

利用するなら絶対に銀行系カードローンがおすすめ

借金をするうえで最も重要なポイントは「返せるかどうか」と言うことです。借りたはいいものの返済が出来なくなってしまったのでは様々なトラブルが発生してしまいます。その為、より返済が楽なカードローンを選ぶと言うことが非常に大切です。

私は金利面で大きなアドバンテージがある銀行系カードローンを利用しましたが、過去に消費者金融系カードローンを利用していたときと比べると、同じ借入れ金額でも負担は段違いに感じました。毎月の負担もそうですが、何よりも「完済までの期間が短く済んだ」と言う点に非常に驚きました。

銀行系カードローンの申し込み時に注意すること

基本的な申し込み方法・流れは難しくはありません

銀行系カードローンと言えば、「低金利で利用出来るので安全性が高い」ということで非常に魅力的な商品です。利用する為には「審査」を受ける必要があり、希望したからと言って必ず契約することが出来ると言う訳ではありません。

私の場合、過去に消費者金融系カードローンを利用していたことがあったため、そのままでも借り入れをすることが出来る状況でした。しかし、より良い環境で利用したいと言う思いから銀行系カードローンに再度申し込みをしました。

基本的な流れは同じだったので、難しいと感じることが無く安心しました。

申込先は厳選すること

銀行系カードローンは確かに魅力的な商品が沢山あります。しかし、中には消費者金融系カードローンとそう変わらない設定のものもある為、何も考えずに選んでしまうと失敗する可能性があります。基本設定は同じだったとしても、総量規制の対象外となる分のメリットはあります。しかし、それだけでは最終的な負担を下げることにはつながらないので注意しましょう。

私は申込みにあたって、とにかくネット上の情報を漁りました。各社公式サイトから情報を収集し、体験談などを参考にして現実的な要素で比較するように意識しました。

銀行系カードローンの返済期限は何年以内?

銀行系カードローンにおける契約期間

銀行系カードローンは、消費者金融会社が提供する融資サービスと同じように、限度額が設定されており、その限度額まで借入れが出来るようになっています。
契約期間は、1年から5年となっており、更新時期が来ますと、解約をしない限り、自動更新される仕組みになっています。
契約を持続させたい場合には、期日までに返済を行い、利用履歴を正常に保つのが効果的です。
カードローンは、キャッシングよりも金利が低くて使いやすい融資サービスですので、用途を問わずに使いたい時や資金確保の手段として使いたい時に有効です。

銀行系カードローンの返済期間は何年以内か

銀行系カードローンの返済期間は何年以内でしょうか。
これは、契約期間と同じで1年から5年です。
どのような契約期間と返済期間になるかは、業者の約款によって異なります。
この期間内に最終的に返済が出来なければ、更新は打ち切られ、残りの債務残高の支払いを集中的に求められる事になります。
また、場合によっては、業者が信用情報機関にその事実を登録してしまいますので、他の業者で融資の申し込みをしても、審査で落とされる可能性が格段に高まってきます。
その為、適度なクレジット歴を積み上げていく事が大切です。

フリーローンの一括払いについて

フリーローンとカードローンの違い

フリーローンは一般的なローンですが、フリーという名が付いているとおり、資金使途が自由なローンです。どのような目的でお金を借りてもよいことになっているのがメリットですが、その反面で金利は高めというデメリットも存在します。
カードローンは、限度額の範囲内ならいくらでも自由に借りられるものであり、追加融資を受けるときに審査は必要ありません
カードローンが便利なので、フリーローンよりも一般的になっているようですが、カードローンにも金利が高く、借りられる金額が少なめになるというデメリットが存在しますので、使い分けが重要になります。

一括払いや繰上げ返済をするときの注意点

カードローンでは、随時返済をするときには繰り上げ返済手数料がかかりません。しかし、フリーローンでは、金融機関にもよりますが、繰上げ返済手数料がかかるようになっています。とある銀行では、5400円の繰上げ返済手数料がかかります。手数料はそれなりに高額ですので、一括払いをするときには、しっかり計算をしていないと、節約できる利息よりも手数料のほうが高くついてしまって、繰上げ返済の意味がなくなることがあります。フリーローンでは基本的には計画通りに返済をしていくものであり、大きな金額をまとめて返済してしまえるときにのみ繰上げ返済を考えるとよいでしょう。

先月使いすぎちゃった…審査の甘い銀行系カードローンとは?

dollar-1319598_640

銀行系カードローンでも審査に甘いところがある

銀行系カードローンというと、審査が難しそうというイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし、銀行グループに属しているというだけであり、その会社自体は消費者金融なので、難易度はそれほど高くありません。
大手消費者金融のアイフルなどは、銀行グループに属していない純粋な消費者金融と言われていますが、審査の難易度は他の大手の消費者金融と比べてもそれほど変わりがないようです。銀行グループに属しているかいないかということで、大きく難易度が変わるとは考えないほうがよいでしょう。ただ、銀行グループに属しているということは、一定の信用はあります。

先月使いすぎちゃったという人におすすめの銀行系カードローン

先月使いすぎちゃったという人なら、本格的にローンを組むよりも、手軽に借りられるカードローンがおすすめです。属性に自信があるのなら、バンクイックのようなすぐに借りられる銀行カードローンに申し込みをすることがおすすめですが、少額のお金を短期間借りるだけなのであれば、大手の消費者金融で借りるというのも悪くありません。数万円を借りて、短期間で返済してしまうのであれば、銀行で借りても消費者金融で借りても、利息にあまり差が出ないからです。銀行系カードローンを選ぶときには、ATMが手数料無料で利用できるかどうかというポイントなども比較の対象としましょう。